協会概要:理事長挨拶 - 大阪市文化財協会

TOPページ > 協会概要 > 理事長挨拶

協会概要






理事長挨拶

  一般財団法人 大阪市文化財協会は、1979年(昭和54年)7月以来、40年以上の長きにわたって難波宮(京)跡や大坂城跡をはじめとする大阪市内のさまざまな遺跡の発掘、調査、研究、保存とその成果の公開・活用に取り組むとともに、大阪の文化財保護行政の一翼を担ってまいりました。
 大阪には、旧石器時代から難波宮(京)や大坂城の時代、大大阪の時代を経て現代に至るまで、豊かな歴史が流れてきました。地中に眠るその豊かな歴史遺産を明らかにして、市民の皆様とともに学び、楽しむとともに、内外に向けて発信し、未来に伝えていくことは、当協会の重要な使命です。これまでに蓄積してきた経験と知識・技術および多くの調査研究成果を継承していくとともに、人材の育成にも取り組んでいきたいと思います。
 また、博物館・美術館や大学などとの相互連携を積み重ねておりますが、その成果を生かし、さらに緊密な連携のもと、大阪における学術、文化、教育の発展・向上に寄与してまいりたいと考えております。
 今後とも引き続きのご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願い申しあげます。


2020年(令和2年)7月

一般財団法人 大阪市文化財協会

理事長  栄 原 永 遠 男

ページの先頭に戻る